So-net無料ブログ作成
柳楽優弥 映画 ブログトップ

柳楽優弥「誰も知らない」 子役デビュー作品レビュー [柳楽優弥 映画]

柳楽優弥さんの子役デビュー作品!「誰も知らない」

06b1d32854041957d9cb3946131bb75b_0.jpg

1988年に発生した「巣鴨子供置き去り事件」を題材とし、
是枝裕和監督が15年の構想の末、満を持して映像化した作品です。
主演の柳楽優弥さんが、2004年度の第57回カンヌ国際映画祭で
史上最年少、および日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得したことで
大きな話題を呼びました。
また、キネマ旬報やフランダース国際映画祭において最優秀作品賞を獲得するなど、
国内外の映画賞を多数獲得するなど、
2004年度の日本映画における最も高い評価を得た作品の一つです!




スポンサーリンク













デビュー前の素人時代、友達が芸能事務所に所属しており

楽しそうだからという理由で柳楽さんもその芸能事務所へ。

そして「誰も知らない」のオーディションを受け

即、主役に抜擢されます。

当時はオーディションを嫌々受けていたらしく態度も悪かったようです。

そんな姿が監督の目に止まったのでしょう!

そして演技経験なしでデビュー作品が主役ですから、

すごい才能を感じます!

今となっては、挫折もありましたが素晴らしい実力派俳優となっています!



その「誰も知らない」を見た感想を少し

最年少カンヌということでなのか、映画館は補助席がでるほどでした。
でも、理由は、どうあれ、現実の一部を確実に映画化しており、
幼い柳楽さんも確かな芝居をしており、おどろきました。
そして父になるは、ここまで旨に迫るものがなく、
監督もより多くの人にアピールしなければならなくなってきたかなとおもいました。
大人になれない大人が子どもを作り、離婚して、子どもは貧困に陥るり。
子どもは取り残され、福祉を受ける術さえしらないなかで兄弟たちのために
コンビニの賞味期限切れの弁当をもらわなければならない。
格差が、確実に現実化している今、もう一度この映画を多くの人に見てほしいです。

エンタメだけが映画ではありません。是枝作品では、これが一番心に響きました。

クローズ強羅徹役、柳楽優弥の圧巻の演技! [柳楽優弥 映画]

映画「クローズEXPLODE」で強羅徹を演じた柳楽優弥さん。

190780_615.jpg


まさかのヤンキー役!?って感じでしたねw

今までの役柄を見ていても、まさかヤンキーを演じるとは
思いもしませんでした。

生徒役は、前作より若手の俳優が多く出演していましたね。


前作クローズの豪華俳優陣とくらべて質が落ち
話の内容もあまり面白くなかったと、評判が悪いですが、

その中でも際立ってヤンキーっぽかったのが柳楽優弥さんでした^^

さすが!の一言です・・・

この人はすべての役をこなせます。言い切れます


ヤンキーの柳楽さん

103024.jpg

真ん中のヒゲです

圧倒的な存在感!!
ここまで変われるもんなんですね!


・この、柳楽優弥が演じる強羅徹とは??



スポンサーリンク














前作の鈴蘭高校トップの芹沢、滝谷たちが卒業し、
新年度を迎えた鈴蘭高校。
新たにトップ争いが繰り広げられる中、
「鈴蘭の王」の異名を持ち最も頂点に近い男。。
それが強羅徹なのです。


凄い役を演じましたね^^


撮影の中でも、若手代表として引っ張っていたのは
間違いなく柳楽優弥さんでしょう!



・クローズEXPLODEのおかしな点


前作のクローズZEROは原作コミックの1年前の話。
なので原作では2年生の主要キャラが1年生として登場します。

しかし、クローズEXPLODEはZEROの1年後でトップ争いをしている話。
時代は原作に突入しています。
なのに、原作でトップ争いをしているはずの
主要キャラがほとんど出てきません。

設定を見たときは驚きました
そういうところでクローズEXPLODEへの
批判がとても多いのです。

なのでこのクローズEXPLODEは、
全く別のクローズ!!
として見た方が楽しめると思います^^


個人的には前作のクローズZERO,クローズZEROⅡ
を見られることをオススメします^^

迫力、笑い要素、キャスト
どれをとってもEXPLODEを上回ります!


あと原作コミックも忘れずに!!


原作を超えるものはなく、ZEROを超えるクローズ映画は
もう出てこないでしょう!!

柳楽優弥 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。